好印象な相槌の打ち方

静のカウンセリングルーム

  • 好印象な相槌の打ち方

    2016年03月29日

    普段何気なく打っている相槌ですが、少し意識するだけで相手への印象が一気によくなり、好印象を与えることができます。

    今回は「婚活の場で好印象を与えるための相槌」についてお話しします。

    婚活は、自分の未来のパートナーを探す場所ですよね。

    真顔で相槌を打っていては、好印象どころか、相手に不快感を与えてしまいがちです。

    相槌を打つ上で一番大切なことは笑顔です。

    もちろん会話の内容によってはずっと笑顔だと失礼ですが、明るい場なので基本は笑顔でいきましょう。

    次に、笑顔と同じくらい大切なのが目を見て相槌を打つことです。

    「目は口程に物を言う」ということわざがありますが、まさにその通りです。

    目を逸らしていると、自分に好意が無いのか、隠したいことがあるのか、などの印象をあたえてしまします。

    相手に好意があることの意思表示として、しっかり目を合わせて相槌を打ちましょう。

    しかし、圧迫感を与えてしますほど凝視してはいけません。

    7割~8割は目を見て話して少し逸らす風に意識するといいと思います。

    また、目を見て頷く相槌だけでなく、「わかる!」や「そうなんだ!」など、声に出して反応する相槌も大切です。

    聞き上手という印象を与えることができます。

    好印象な相槌の打ち方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

    婚活の場だけでなく、日常生活を送る上でも、適切な相槌を打つことで好印象を与えることができます。

    ぜひ意識してみてください。